2010年05月29日

<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)

 イネの穂の枝分かれ数を大幅に増加させる遺伝子を、名古屋大の研究チームが発見した。実験では「日本晴」の1株当たりの米粒数を最大52%増加させることに成功。小麦やトウモロコシにも応用できる可能性があり、研究チームは穀物の増産につなげられるとしている。23日付の米科学誌「ネイチャー・ジェネティックス」(電子版)で発表した。

 研究チームの芦苅基行・同大生物機能開発利用研究センター教授(植物分子遺伝学)らは、穂の枝分かれの数が日本晴より約3倍多い品種から、最初の枝分かれである1次枝梗(しこう)の数を決める遺伝子を特定した。

 日本晴にこの遺伝子を導入したところ、約11.6本だった1次枝梗数が21.4本に増加。1株当たりの米粒の数は2232粒から3142粒へと約41%増えた。さらに、芦苅教授らが05年に特定した米粒数を増加させる遺伝子も導入すると、1次枝梗数は23.8本、米粒数は3396粒と約52%も増えた。

 芦苅教授は「これらの遺伝子を利用するとイネの収量を劇的に増加させることができる」と期待している。【福島祥】

【関連ニュース】
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
遺伝子:雌特有の遺伝子発見−−東大院チーム
科学のまちから:筑波大遺伝子実験センター 「変異トマト」850種公開 /茨城
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認

とりあえず静観 服部緑地にヌートリア親子 大阪・豊中(産経新聞)
相撲協会、2親方処分へ 暴力団幹部ら観戦問題(産経新聞)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
貿易収支、7423億円の黒字=13カ月連続―4月(時事通信)
「辺野古は断固反対」名護市長、首相と会談(読売新聞)
posted by ムロフシ ジュンイチ at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。