2010年06月11日

「新聞離れ」ウソだった? 「読む91%」に違和感の声も(J-CASTニュース)

 新聞を読んでいる人は91.3%――そんな調査結果の報道に対し、「そんなにたくさんいるのかな」との素朴な疑問の声も挙がっている。読者の「新聞離れ」が指摘されているが、それは虚像で実は新聞は「安泰」なのだろうか。

 2010年6月8日の全国紙朝刊各紙に、日本新聞協会が7日に発表した「全国メディア接触・評価調査」の記事が載った。見出し(東京最終版)を見ると、「『新聞読んでいる』91.3% 協会調査」(読売)、「『新聞を読む』91.3%」(朝日)などと報じている。

■「ネット普及で新聞とってない家庭も多いはず」

 新聞の読者・広告離れが指摘され、新聞の部数が減少傾向の中、こうした報道に違和感をもった人もいたようだ。インターネット上では、「インターネットが普及して新聞をとってない家庭も多いはずだから 91%ってのは信憑性が薄いな」(時事通信のヤフー配信記事へのコメント)、「マジっすか。高いから経費削減でネットだけにしたヨ」(朝日新聞ネット配信記事についた「はてなブックマーク」)などの指摘があった。

 同調査は、新聞協会広告委員会が2年に1度行っており、今回は昨09年秋に実施した結果を公表した。全国の15歳以上69歳以下の男女が対象で、「住民基本台帳からの層化2段無作為抽出」による「訪問留め置き法」で調査した。有効回収率は61.4%で3683人が回答した。

 新聞に「接触して」(読んで)いる人は、前回(07年)調査より1ポイント減の91.3%(無回答を除く)だった。「毎日読んでいる」(62.7%)から「週に1〜2日」(6.9%)、「それ以下」(5.2%)などを含んだ数字だ。

 もっとも、年齢層による結果にはかなり差がある。「読んでいない」は、全体(無回答を含む)では9.1%で、60歳代(856人)と50歳代(797人)はともに4.1%だった一方、15−19歳(227人)は24.2%、20歳代(434人)は19.6%だった。若い人ほど「読んでいない」人が多い結果となっている。また、「(週に1〜2日)それ以下」も、15−19歳は11%、20歳代11.3%、60歳代1.6%などとなっているが、これらは「接触して(読んで)いる」人として計算されている。

 ほかの調査ではどうだろうか。公益財団法人の新聞通信調査会の「メディアに関する全国世論調査」(2009年)によると、「専門調査員による訪問留置法」による調査の結果、「朝刊や夕刊を読む」は84.4%、「読まない」15.2%だった。

■「日常生活に欠かせない基幹メディア」

 また、NHKが5年に1度行う「国民生活時間調査」(2005年)では、新聞を読む「行為者」(15分以上)は、平日で44%、日曜で43%だった。以前の調査との比較(平日)の分析では、「この10年間で男30〜50代での落ち込みが大きいことがわかる」「10年前にすでに行為者率が低かった男20代が、30代になっても読者が増えなかった」「10年前の男30・40代(05年の男40・50代)で、この10年で新聞を読まなくなった人が大幅に増えたことが読み取れる」などと指摘している。

 質問項目が違うので単純比較はできないが、同NHK調査など「新聞離れ」を示す調査の印象が残っているため、今回の協会調査の「91.3%が新聞を読んでいる」に違和感を持った人もいたようだ。

 読売、朝日、日経新聞の共同サイト「新sあらたにす」で「新聞案内人」も務める評論家の歌田明弘さんは「細かい内実を問題にしないと『91%が読んでいる』は意味がない」と指摘する。調査結果では、朝刊(平日)の1日あたりの「接触時間」は平均24.8分で、20分未満は47.4%と半数近くなる。

  「10分未満も22.3%もおり、テレビの番組欄や天気予報だけ見た、という人も中には含まれているかもしれない。だとしたら『新聞を読んだ』という程のことだろうか」

 また、元毎日新聞外信部長でジャーナリストの河内孝さんは、新聞協会が公表している部数で09年は08年より約100万部減ったことや、「1世帯あたり部数」が08年に「1」を割り込んだ数字の方が重要だ、と話す。「新聞への信頼感の高さに力点を置くなら分かるが、『91%が新聞読んでる』の報道が並んだのは違和感がある」とも付け加えた。

 新聞協会では、「伝統的な調査手法の結果、新聞は安定して高い接触を誇り、日常生活に欠かせない基幹メディアであることが改めて確認された」「過去4回(01年〜)との時系列比較でも、安定的に推移していた」としている。


■関連記事
米国の新聞が「読者離れ」を起こした理由/石川幸憲氏に聞く「キンドルの衝撃」(上) : 2010/03/24
「苦境の新聞に公的支援を」 毎日の識者コメントに異論 : 2009/08/26
「紙」にしがみつくほうが日本の新聞長生きできる/(連載「新聞崩壊」第8回/評論家・歌田明弘さんに聞く) : 2009/01/06
ジャーナリズム=新聞なのか 民主主義と新聞社の関係 : 2010/01/14
ネットメディアが新聞・テレビに代わる 佐々木俊尚「マスコミは、もはや政治を語れない」 : 2010/04/07

菅新首相、来週訪中へ…早期の訪米も検討(読売新聞)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
菅氏は無言、「必ず勝つ」と樽床氏=2候補の朝の表情―民主代表選(時事通信)
教師らに大規模アンケート=資質向上策検討に活用―文科省、4万人超と関係団体に(時事通信)
鳩山氏「頭切れるがキレ過ぎも」…新首相の母校で(読売新聞)
posted by ムロフシ ジュンイチ at 20:02| Comment(30) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

「現実には無理だからこそ…」会員の思い踏みにじられる 仮想マルチ商法捜索(産経新聞)

 「仮想空間で日本全国を動き回りたかった。現実には無理だから…」。足が不自由な80代の女性は、ビズインターナショナルに踏みにじられた夢をこう語り、肩を落とした。「あなたの人生をより豊かにするための“もうひとつの日本”」。ビズ社は全国各地で開いた説明会で仮想空間「エクシングワールド」をこのように宣伝し、約100億円の資金を集めたとされる。だが、実際に公開された仮想空間は、その説明とはかけ離れていた。

 会員向け資料などによると、エクシングワールドは「日本全国を丸ごとCG映像で再現」し、利用者はその中で「アバター」と呼ばれる分身を操って経済活動を行えるとうたっていた。特にビズ社は「先行会員になれば優先的に土地が購入でき、値上がり後に大きな利益が得られる」として、仮想空間内での不動産ビジネスの魅力を強調した。

 広島市の会社経営の女性(61)は、勧誘で見せられたPR映像にひかれ、約40万円でビジネスキットを購入。さらに仮想空間内で東京・代々木の土地を約22万円で先行購入した。「仮想空間で店を開けば、消費者に魅力的に映ると思った」という。

 入会後に参加したセミナーではオペラ歌手が歌い、高級シャンパンも。10億円するという最新のサーバーも目にした。すっかり信用した女性は、知人を勧誘して回った。

 しかし、昨年10月に公開された仮想空間で再現されたのは、新宿や銀座など一部の都市のみ。建物には入れず、人影もまばら。兵庫県の男性会社員(41)は「死んだ街のようで、ひどいものだった」と憤る。

 ゲームジャーナリストで立命館大学の新清士講師は「一時ブームになった『セカンドライフ』など同種の仮想空間がある限り、空間内の土地の価値が爆発的に値上がりすることは考えられない。そもそも日本を丸ごと再現するのは、現状の技術では難しい」と指摘している。

【関連記事】
「仮想空間」マルチ商法、きょう強制捜査 埼玉県警
仮想空間の土地投資話…マルチ会社を提訴 被害100億円
「日本列島丸ごと再現」虚構に満ちた仮想空間ビジネスにメス
オンラインゲーム、最大256人で対戦可能 ネトゲ廃人対策も
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 

切断された両足見つかる…新潟の国道側溝(読売新聞)
自立更生促進センター 反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
「チケット流出経路の把握を」=暴力団幹部の大相撲観戦で文科相(時事通信)
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と―神奈川県警(時事通信)
普天間移設で首相要請の会議、18知事が欠席へ(読売新聞)
posted by ムロフシ ジュンイチ at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。