2010年01月28日

警察署HPに補導少年49人の実名を誤掲載(読売新聞)

 愛媛県警は21日、新居浜署(愛媛県新居浜市)のホームページに、万引きして補導されるなどした少年49人の実名などを6日間、誤って掲載していたと発表した。

 市民の指摘を受け、20日夕に削除した。県警は「あってはならないミスで申し訳ない」と陳謝している。

 県警によると、署が独自に作っているホームページで15日、部内用データベースを基に2009年の管内での「万引き少年検挙補導状況」として、54件の統計資料を掲載。その際、データに付いていた7〜19歳の少年らの名前や年齢、住所などの資料を閲覧できる状態にしていたという。

大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
足利事件再審 菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
都立校で日本史が必修科目へ(産経新聞)
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ 厚労省部会で合意 (産経新聞)
posted by ムロフシ ジュンイチ at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。